お見積りはこちら株式会社日生企画

2015年03月13日

同僚の行方を心配する優しいおれ。


まさかの再登場、安田です。

※毎週金曜日は再登場します。



今日はですね、最近とんとブログに

姿を見せなくなってしまった弊社柴田について、

このブログ上を借りましてその理由を考察したいと思います。

250万人いると言われる当ブログの読者様にとっては、

何故彼が姿を消したのか、

その理由が知りたい方もいらっしゃると思うんです。

250万分の2とかのレベルでも。

なので、そんなご心配に同僚として

応える義務があると思いまして、

今日はこうして筆を執っている次第です。

もちろん筆ではないわけですけれども。デジタルですけれども。



さて、最後に柴田が登場したのは今年の1月7日

以来2カ月超に渡り沈黙を保っているわけですが、

その理由については私も存じ上げません。

ですが、いくつか考えられる理由があるので、

ここに検証したいと思います。



1.死んだ

いきなりですが、有無を言わさず誰もが納得できる理由です。

大変不幸な事態ではありますが、

こうなってしまっては登場しないのは当たり前です。

何分、内容的に触れにくいものでもあり、

今まで誰もがそういった話題を避けてきたのも

やむを得ない気がします。

これはいきなり答えが出てしまったか…という気がしますが、

すぐそばで鼻をかんでいるところを見ると、

どうやら生きているようです。

ご心配なく。



2.才能の枯渇

よく、才能のある方は才能が枯渇することに

恐怖を感じていると聞きますが、

柴田もその一人で、今まで光り輝いていた文才が

突如失われ、恐怖故に断筆に至った、という説です。

なるほど確かにその可能性もあるでしょう。

しかし果たして彼にそこまでの文才があったのか、

そこについてはさらなる検証が必要であることは

論をまたないところです。

さりとて、この説は周りがどう評価したところで

本人の気持ちの問題になるため、

その実際のところは本人にしかわからないところでしょう。

通販サイト「ヤマトナデシコツアー」の

メルマガ執筆からも遠ざかっている辺り、

「ありえねーだろwwwwww」と草生やしている場合でもない

可能性があるような気がしないでもない気が致します。



3.安田への嫉妬

これは前項に近い内容になりますが、

「どうがんばっても安田の文才にはかなわない」と

嫉妬し、であれば勝負を避けようとする心情故、

断筆に至った、とする説です。

なるほど、これは説得力がありますね。

我ながら企業ブログでここまでの文才を発揮する人間は

そうそうお目にかかれないように思います。

流れるような文章にそこはかとなく散りばめられた笑い。

いつ出版化のお誘いが来てもおかしくはないため、

やがて訪れる「出版お披露目パーティー」に備え、

私自身も一張羅の燕尾服を買うことについてはやぶさかでない、と

常々申し上げている所存です。

嗚呼、自分の才能が憎い。



4.安田への遠慮

これも前項と似ているようですが、

わかりやすく書くと

「自分のネタは家族がらみにならざるを得ないものの、

 唯一結婚していない安田に遠慮して書けない」


というもの。

なるほどこれもありそうです。

心優しき柴田。泣けますね。

先日、彼の友人が結婚できないことを

バカにしていた会話を小耳に挟んだ安田が、

やるせなさからウォッカを一気飲みしたという噂もあります。

ウォトカです。違う言い方をするならば。

別の噂では、ショットにつぐショットで

テーブルにヒビが入ったお店もあったとか。

切ないですね。

このまま独身でオムツのお世話になることがあれば、

使用済みオムツはすべて柴田家の玄関先に

捨ててやろうと思っています。



5.俺より強いやつに会いに行った

実は格闘家だった柴田。

自分よりも強いやつとの戦いに旅立った、という説。

一説によると、滝で飛びながら上に向かって

拳を突き上げる修行をしていたことが目撃されていたとか、

突如走ってきた体重300kgはあるイノシシに

咄嗟に技をかけて新必殺技を編み出したとか、

年老いた師匠から謎の組木を使った特訓を受け、

48の殺人技を伝授されていた、など、

まことしやかな噂が聞かれます。

ただやはりすぐそこで鼻をかんでいるので、

旅立ってはいないようです。現世にもあの世にも。



6.実は三浦だった

柴田と三浦が同一人物という説。

となると、「最近のメルマガは三浦が書いている」

という話についても矛盾しません。

可能性は大いにありますね。

実は柴田は三浦で、三浦は柴田だった…!

映画であれば、かなり展開を工夫しないと

ドッチラケになるパターンです。



さて、本当のところはどれなんでしょうか。

答えは私にもわかりません。

ミステリアス・デンジャラス日生企画。

答えはきっと、あなたの心の中に…。







ないよ。







安田




---------------------------------------
埼玉県 さいたま市 大宮区の広告・印刷
ポスター(大判出力)・ラミネート・のぼり旗
複写伝票印刷・冊子・カタログ印刷
カレンダー・年賀状印刷
株式会社日生企画
http://www.nissei-kikaku.co.jp

持ち込みのポスターをラミネートもOK!
気軽にご相談下さい。
----------------------------------------
posted by 日生企画スタッフ at 19:23| 無駄話(安田) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする