お見積りはこちら株式会社日生企画

2016年07月15日

くせになる書き心地のあの紙




from:スタッフ三浦


7月10日、あなたもあの滑らかな書き心地を味わいましたか?

10日は参議院選挙の投票日でしたね。

毎回あまり意識せずに、
ササッと候補者名や政党名を書いていた、
あの投票用紙。
妙に書き心地が気持ちよくなかったですか?

思い出してみてください。

置いてある鉛筆は、普通の鉛筆なのに、
何というか、サラサラっと書ける、
むしろ、ヌルヌルっと書ける!(?)

紙と鉛筆の摩擦感がないので、
鉛筆を持つ指の感覚に、むむっ?と違和感がありましたよね?


実は。。。


あの紙の正体

あの投票用紙は、普通の紙じゃないんです。
さらに言ってしまえば、、、
パルプからできているものを紙とするならば、
あの投票用紙は、「紙ではない」んです。

じゃあ何なのか。
それは、『ユポ』という、石油由来の合成樹脂で
できているモノなんですよ。


あのサラサラ感もユポの特徴なんですが、
投票用紙に使われている理由は、別のところにあります。

それは、折りに強いということ。

投票所で候補者名や政党名を書いた後、
2つ折りにして投票箱に入れますよね。

それが、箱の中に入ってから、
じわーっと勝手に開くそうなんです。

何が書いてあるか見るために、
1枚ずついちいち開くのも大変です。
この苦労を解消するためにユポが採用されました。

つまり、開票作業の手間を減らし、
時間短縮に貢献しているのが、ユポということなんですね。

投票日のその日のうちに、
当選結果があらかた分かってしまうという、このスピード感。
これにはユポの存在は欠かせないと言っても良さそうです。


他の用途でも活躍しています

さらにユポの特徴をもう一つ。
これは投票用紙とはあまり関係ありませんが、
合成樹脂でできているため、水に強いんです。
それから、紙とビニールの中間のような質感で、
破れにも強いんです。

日生企画では、ポスター印刷の用紙に、
つや無しマット用紙として、ユポを採用しています。
雨や風に強く、長持ちするポスターというわけです。

印刷も鮮明で発色も良いので、
今までご依頼いただいた方からも高評価をいただいています。


ということで『ユポ』の話でした。

7月31日は、東京都民の方は都知事選がありますね。
投票所に行かれたら、
投票用紙のことをちょっと気にしてみてください。
ヌルヌルっとした書き心地をお楽しみくださいね(?)


p.s.
つやのないマット用紙は、
光が反射しないので見やすいという特長があります。
資料を拡大印刷した場合などの、
きちんと内容を見てもらいたいポスターには、
光沢紙よりもマット紙のユポをオススメしています。
B0サイズの大きさまで印刷できます。

●ポスター印刷:価格表
http://www.nissei-kikaku.co.jp/poster/
posted by 日生企画スタッフ at 12:38| 三浦の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする