お見積りはこちら株式会社日生企画

2016年10月19日

ラミネート加工の耐久性、耐候性の話





先日お話したラミネート加工加工の事で、

良く質問をいただくのが、

ラミネートの耐候性と耐久性。



ラミネート加工される方の多くは、

ポスターを長く貼っていたいという方が多いので、

上記の質問が非常に多いです。



厳密にどれくらい持つかというのは

その使用環境、そして使用方法によるので、

お答え出来ませんが、

一部の使用例でお答えさせていただいています。


まず当社の入り口に看板としてラミネートしたポスターを貼っています。

環境といたしましては日陰、ただ雨風は当たる環境となっています。

すでに1年貼っていますが、特に遜色も無く、

汚れ汚れも拭くことでおちるので、あと1年は張り替えなくていいのではないかという状況です。



他には西日の当たる環境で貼っているお客様がいらっしゃいますが、

こちらも色落ち無く1年貼っていらっしゃいます。




長持ちさせる方法として一番有効なのが、

穴を開けないこと。

穴を開けるとそこから空気や水が入り、

ラミネートが剥がれて来る事があります。


ですので画鋲などで貼るのではなく、

テープなどで貼るのがオススメです。

ぜひご活用ください。



------------------------------------------
埼玉県 さいたま市 大宮区の広告・印刷
ポスター(大判出力)・ラミネート・のぼり旗
複写伝票印刷・冊子・カタログ印刷
カレンダー・年賀状印刷
株式会社日生企画
http://www.nissei-kikaku.co.jp

持ち込みのポスターをラミネートもOK!
気軽にご相談下さい。
----------------------------------------



posted by 日生企画スタッフ at 12:34| 良くあるお問い合わせ(柴田) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする