お見積りはこちら株式会社日生企画

2014年04月12日

最新刊が大宮界隈から消えた。


こんばんは。

金曜名物安田です。

どうも最近週末が近付いてくるとバタバタになってしまい、

今日は更新できないな…と思っていたんですが、

なにせ先日某シバターが

オンラインパワハラをぶちかましてくれたため、

怒られないように家に帰ってきてから更新しております。



怖いですよね。

ああ見えて、肩書持ってますからね。某シバター。

私が三浦だったらショックで耳が…


おっとこのネタは危険ですね。今。変えましょう。


ショックで耳が、耳が…


おっきくなっちゃった。(マ





いまさらなギャグは置いておいて、

今日はちょっとマンガの話。


と言っても、今は別に漫画雑誌も購読していないし、

必ず買う単行本って2つだけなんですよ。

1つは、お馴染み「ワンピース」。

連載が始まった当時はジャンプも購読していて、

1話目から好きだっただけに、

ここ数年で急にやってきたブームにちょっと「遅いのよ!」と

オネエ言葉で突っ込みつつも、相変わらず読み続けております。


某シバターが「ワンピースで泣いたことがない」と言っていた時、

「中森明菜かよ!!」と突っ込んだんですがまったく通じず、

ジェネレーションギャップってこんなところにも潜んでいるんだ、

とショックを禁じえませんでした。


♪私は泣いたことがない


ってやつです。(一応説明)

「井上陽水かよ!」でも良かったんですが、

さすがに作った方を出すのはわかりにくいぞ、

と遠慮した結果のダメージ。

突っ込んだ側がダメージを食らう、

なんていい刃の鎧を着やがってるんだこいつは、

と全身血だらけになりながら感心したものです。



で、2つ目が、最近最新刊が出ました、ご存知「ゴルゴ13」。

今日も帰りに探したんですが、

大宮界隈からは消滅してしまったらしく、

これはおそらくCIAの陰謀ではないかと思っていますが、

それは置いておいて。

私自身が読む前はそうだったんですが、

ゴルゴは何かとネタになりやすいマンガ(とキャラ)なので、

「読んでる」と言うと、内容を知らない人からは

ちょっとネタっぽく受け取られがちな面があると思うんですが、

実際はこれほど知識欲を刺激しつつも

娯楽として成立するマンガというのは他に類を見ないもので、

さすが長いこと続いているだけあるな、と。

基本1話完結で読みやすいし、

微妙に現実世界とリンクしている辺りもたまりません。


ケネディ暗殺の時に容疑者にあがっていた!とか。

ダイアナ妃の事故の現場にいた!とか。

ロシア皇帝の血を受け継いでいるかも!とか。

毛沢東の寵愛を受けていたかも!とか。


長いこと世界の最前線で暗躍しているキャラなので、

その時その時の国際情勢も窺い知れる、貴重なマンガでもあります。


ただ最近はビッグスナイプが減ってきてしまったのがやや残念。

昔はパンツ一丁で手には1発だけ弾丸が残った銃を持ち、

ビルの屋上で追い込まれた挙句飛び降りて、

落下中に途中のフロアにいた標的を一撃で仕留め、

地上のプールに着水して逃げおおせる、とか。



文字で読めば笑っちゃうと思うんですが、

これがマンガとして読んでると震えるんですよね。しびれる。

そして笑う。(結局)


ちなみに私は全巻買っているんですが、

親友にお薦めがてら全巻貸したところ彼もハマり、

返却時に「レンタル代の代わりに」と

3枚ほど千円札を「名濡れ場シーン」に

挟んで返してくれたのはいい思い出です。



そんな彼も、そして私も独身です。



今日も夜風が身に沁みるぜ。





安田




---------------------------------------
埼玉県 さいたま市 大宮区の広告・印刷
ポスター(大判出力)・ラミネート・のぼり旗
複写伝票印刷・冊子・カタログ印刷
株式会社日生企画
http://www.nissei-kikaku.co.jp

持ち込みのポスターをラミネートもOK!
気軽にご相談下さい。
----------------------------------------
posted by 日生企画スタッフ at 00:08| 無駄話(安田) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする