お見積りはこちら株式会社日生企画

2014年09月12日

Why Degisn Now?


先送りにしていた結果、

完全にファイナルディーチクエストを書く気が失せた安田です。

こんばんは。



今日は最近読んだ本が非常に面白かったのでご紹介の巻。



なぜデザインが必要なのか
−世界を変えるイノベーションの最前線−




この本はニューヨークの国立博物館が開催した

「Why Design Now?」展をまとめた本とのことで、

世界の最先端(と言っても今から数年前のプロジェクトが多いですが)で、

「デザインの力でいかに世界の様々な問題を解決するのか」

をテーマにしたプロジェクトの事例を紹介する、というもの。



さすがニューヨーク、

こんな知的好奇心をそそる展覧会があるなんて羨ましいぜ!

と思いつつ、国内でもこういう展覧会あるぜボケ、

とお叱りを受けそうな気はしますが置いといて。



エネルギーや素材、健康などに

カテゴリー分けされたプロジェクトを紹介しているわけですが、

そこにいかに“デザイン”が関与しているのか、

そのおかげでどのような効果が出ているor期待されるのか、

そういった話をプロジェクトごとにまとめた

とても読みやすく面白い本でした。



何度か書いていますが、「デザイン」と言うと、

どうしても表面的な“見た目”の意味に

捉えがちな面があると思いますが、

この本で語られる「デザイン」は、もっと大きな、

仕掛けや仕組み、導線の引き方から社会的な効果まで、

あらゆるものを横断する意味合いでの

「デザイン」になっていて、

「(見た目という意味での)デザインを紹介する本」というよりは、

「アイデアを紹介する本」という

ニュアンスに近いかもしれません。

常日頃から「ただ見た目がいいだけのデザインはクソ」

と思っている私としては、「これこれ!」感がたまらなく、

「考え方こそデザインである」という考え方が

より強化されたいい機会でした。



そういった意味では、あまりデザイン(という言葉)

そのものに興味が無い人でも、

「世界ってすげー!」と素直に驚けること間違いありません。

知的好奇心が強いと思っている方には超絶オススメ。

特にこれからの社会を作っていく上で必須と思われる、

“持続可能性”というものが重要なキーワードとして

何度も登場してくるので、

実は市政や国政に関わるお偉いさん方に

一番読んで頂きたい内容でもありました。



そんなわけで非常にオススメのこちらの本、

今なら特別に私のサインを付けて25000円でおゆずりし




おや、誰か来たようだ







もはやおなじみの展開の安田





---------------------------------------
埼玉県 さいたま市 大宮区の広告・印刷
ポスター(大判出力)・ラミネート・のぼり旗
複写伝票印刷・冊子・カタログ印刷
株式会社日生企画
http://www.nissei-kikaku.co.jp

持ち込みのポスターをラミネートもOK!
気軽にご相談下さい。
----------------------------------------
posted by 日生企画スタッフ at 19:08| 無駄話(安田) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする