お見積りはこちら株式会社日生企画

2014年11月21日

いよいよ。


_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
> 年賀状! 年賀状! さいたま市の年賀状! <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄



安田でございます。



早速本題ですが、いよいよ明日、いよいよですよ。

今年一番の注目作と言っていいでしょう、

クリストファー・ノーラン監督作品「インターステラー」公開です。

もちろんわたくしめは早速明日、観に行きます。

今年の初めから…いや去年から…いやもっと前から?

楽しみにしてましたからね。

「どんな映画になるんじゃい!」と鼻息荒すぎて鼻血が出たぐらいに

楽しみにしていました。

いよいよ「ダークナイト・ライジング」以来、

完全オリジナル作品としては「インセプション」以来となる

ノーラン監督の映画ですよ奥様。



そんなクリストファー・ノーラン監督をご存じない、という

悲しい奥様方に向けて、簡単に過去の監督作品を

ご紹介しておきますとね。



「フォロウィング」
「メメント」 ← 絶対観るべき
「インソムニア」
「バットマン ビギンズ」 ← 観るべき
「プレステージ」 ← 観るべき
「ダークナイト」 ← 絶対観るべき
「インセプション」 ← 絶対観るべき
「ダークナイト ライジング」 ← 絶対観るべき




と実に6/8が観るべき映画であるぞ、と。

これはもう奥様常に濡れ濡れでございます。

もちろん涙で、です。誤解なきよう。



ちなみに「フォロウィング」は長編初監督作品なので

まあ(面白いですが)ちょっと荒削りな面もあり、

また「インソムニア」はリメイクものなので

あまりノーラン色も強くないので、

興味があったら程度でいいかな、と。



んで、ノーラン作品の脚本家としてこれまた放っておけない存在が

ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン監督の実弟です。

もうね、なんでこんな二人が兄弟として生まれてきたのか、と。

映画ファンならこのご両親に足を向けて眠ることは許されません。



…と言いつつ、ちょっと自分自身でハードルを上げすぎているのも

承知しているので、果たしてそこまでガッツリ楽しめるのかなぁと

不安の方が大きくなってきているのも事実です。

期待は裏切らない監督だと思うんですが、はてさて。



ちなみにノーラン監督は常々

「いつか007シリーズを監督したい」と言っていて、

これまた実現するのか非常に気になるところ。

できればダニエルボンドの間にやって欲しいところですが、

多分タイミング的には別の人になってから、でしょうね。

何はともあれいいからさっさとやりやがれ、

と奥様も思いますでしょう?

まあ我が家には奥様がいないわけですが。

よって濡れ濡れです。(もちろん涙で)






安田




---------------------------------------
埼玉県 さいたま市 大宮区の広告・印刷
ポスター(大判出力)・ラミネート・のぼり旗
複写伝票印刷・冊子・カタログ印刷
カレンダー・年賀状印刷
株式会社日生企画
http://www.nissei-kikaku.co.jp

持ち込みのポスターをラミネートもOK!
気軽にご相談下さい。
----------------------------------------
posted by 日生企画スタッフ at 18:22| 無駄話(安田) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする