お見積りはこちら株式会社日生企画

2015年01月09日

ニ◯一五。


年が明けてからもうだいぶ経ってしまいましたが、

私の担当は今年一回目ということで、改めて

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

山田です。

嘘です。安田です。




昨日、こんなニュースを見ました。

東京メトロの広告が「二〇一五」ではなく「ニ○一五」だった件、
真相を聞いてきました





漢数字の「ニ〇一五」が、

デザインとしてカタカナの“ニ”とまる(◯)で

作られているポスターのお話。

“ニ”はニューイヤーのニ、

◯は初日の出を表している、とのことです。



これ、ズバリ書きますが、

単体のポスターデザインとしては失敗だと思います。



結局、見た人達の間で「誤植に見える」と

言われてしまうと言うことは、もうそこで意図が伝わっていないわけで、

見た人の大半はいちいち問い合わせをするわけでもないし、

この時点でデザインとしては微妙なところです。

カタカナは正解だとしても、

「ニューイヤーのニ」なんて普通は言われなければわからないですよね。



もっと言えば、“ニ”はまだいいとしても、

さすがに「初日の出をイメージした◯」は

絶対にわからないでしょう。

仮にこれで初日の出感を出すのであれば、

下に山っぽい線が入るとか、

ここだけ赤ベタ丸にするとかいろいろ考えられますが、

それも無く「初日の出です」と言われても、

言い訳か、後付け設定のような気がしてしまいます。



…と、辛辣に批判っぽいことを書いてしまいましたが、

実はこれはもう一段階、要素があるんですね。



それは「大企業の広告である」ということ。

中小企業のターゲットを絞ったポスターであれば、

見る人は限られるし、「完全NG」で終わってしまう案だと思いますが、

これが大多数の目に触れる広告となると、また話が変わってきます。

記事中でツイッターにアップしている人が紹介されていることが典型ですが、

「大企業+多くの人に見られやすい(都会の)広告」に

違和感があるとなると、ネタとして槍玉に挙げられやすくなるので、

その分広まる=広告効果が高まる、というお話。

ちなみに、これが大企業でない場合は、

「広告主も内容もよくわからん」でスルーされがちだったりします。

ツイッターにアップしたところで

「ワシもようわからん」「(いろんな意味で)ナニコレ?」で

終わっちゃいますから。

「東京メトロなのに誤植?」みたいな観点が地味に効くわけです。



これは間違いなくそこを狙って作っていると思うので、

単品のポスターデザインとして見ると失敗(に見える)でも、

広告の狙いとしては大成功なわけです。

実際、このニュースがなければ、私自身この広告は見なかったでしょうし、

「ニューイヤーライブ」を知ることもありませんでした。

さらに言えば、もっと「あからさまに違和感丸出しですよ」という

デザインであれば鼻につく(=話題になっても反発を招く)ところですが、

“シンプルにわかりにくい”ものにしたおかげで、

見る方も素直に違和感を感じてくれるから

話題になりやすいという仕掛けになっています。



そこまで考えると、このポスターはスゴイぞと思ったわけです。

上記記事の結びには「実はかなり考え抜かれたものだったのだ」とありますが、

実際はその先(SNSでの情報伝達+ニュース配信)まで

考えられた広告だと思います。

「ソフト炎上広告」とでも言いましょうか。

いや、ソフトだと炎上でもないので、「燻り広告」とでも言いましょうか。

炎上はリスクが高すぎるので、今後はこういうひねった

“燻り”狙いの広告が増えそうな気がしますね。

勉強になりました。



…と、新年一発目は真面目なことを書いてしまったので、

おなじみの結び文句で文字通り柔らかく終わりたいと思いますおっぱい。







安田




---------------------------------------
埼玉県 さいたま市 大宮区の広告・印刷
ポスター(大判出力)・ラミネート・のぼり旗
複写伝票印刷・冊子・カタログ印刷
カレンダー・年賀状印刷
株式会社日生企画
http://www.nissei-kikaku.co.jp

持ち込みのポスターをラミネートもOK!
気軽にご相談下さい。
----------------------------------------
posted by 日生企画スタッフ at 18:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする